こんにちは。家のこと何でも教えるブログです。

こんにちは、家のこと何でも教えるブログの編集者です。

このブログはその名の通り家に関することを何でも読者の皆様に発信してくブログとなっています。

これから新築を建てる人・建売住宅を買う人・マンションを買う人・木造住宅か鉄筋コンクリート造の家にするか迷っている人・大手ハウスメーカーで建てるか工務店で

建てるか迷っている方。

どんな方が来ても有益な情報を持って帰って頂ける、サイトにしたいと思っています。宜しくお願い致します。

現在新築住宅着工件数は100万戸割れが続いており、新築住宅の件数が今後増えることはないと推測されます。

したがって、3~10区画ぐらいの建売住宅を販売する、ビルダー会社は厳しい経営環境に直面するでしょう。公示地価で明らかなように、こうしたビルダーが得意とするエリアの土地下落は止まりそうにありません。苦戦が続き、もっとも大きな転換を必要とされる分野かもしれません。

次に大手ハウスメーカーの取り組みをみます、過去に自社で建てた物件を買い取り、その建物をメンテナンスとリフォームを施して、再販するという事業についてです。この事業はまだまだ発展途上で、大きな売上を上げるまでに成長していないようですが、事業モデルの検討を重ねていけば、大きな市場となるかもしれません。

また、ハウスメーカー各社は、いずれもリフォーム事業に力を入れています。多くの人員を投入し、自社で建てた物件オーナーに対して単なるリフォームだけでなく、積極的なリフォーム提案を行っています。実際にリフォーム会社の売上ランキングを見ると、1位は“新築そっくりさん”でおなじみの住友不動産であるが、2位から9位まではずらりとハウスメーカー子会社が並びます。

ここ10年、住宅産業で最も成長したリフォーム産業は、今後さらに大きく発展すると思います。中古住宅流通業と結びつきがあり、中古住宅を買うと、金額の大小はあれども必ず何らかのリフォームをするので、事業の親和性は高いと推測されます。

PR

工務店向け集客ノウハウ
生命保険の口コミ.COM
生命保険の選び方
クレジットカードの即日発行じゃけん
お家の見直ししま専科
健康マニアによる無病ライフ
女性向けエステ.com
マッサージのリアル口コミ.com
住宅リフォーム総合情報
英語上達の秘訣
英語上達の秘訣
超SEO対策
SEOアクセスアップ相互リンク集
内職 アルバイト
JALカード