新築祝いを贈る際のマナー

皆さんは、新築祝いをあげたことがありますか?先日友人が可児市で新築を建てたので私は新築祝いをさせてもらったばかりです。家内が末永く繁栄が続くようにと心からお祝いするために新築祝いを贈ります。この新築祝いには、贈る際にマナーがありますのでお教えします。まず贈る時期ですが、新築祝いはお披露目の時に渡すのが一般的です。お披露目の際に渡せないという方や伺うことが出来ない方は、新居が出来てから30日以内に贈るようにしましょう。次に、祝い金の相場は関係性によって変わります。友人や知人は5千円から1万円、親戚や兄弟なら1万円から3万円が相場とされています。また、ご祝儀袋は紅白の蝶結びの水引が付いているものを選んでください。表書きには、御新築祝、御祝と書いて渡すのが良いとされています。最後に、贈るものは相手の好みに合わせて選んでください。相手の部屋の雰囲気に合うインテリアや観葉植物などが新築祝いではおすすめです。しかし、相手の好みが分からないのであればカタログギフトで相手に選んでもらう方が良いです。マナーをしっかりと守り、相手方に喜んでもらえるようにしましょう。