実家が新築一戸建てを建てた

数年前に実家が引越しをしました。前の家も一戸建てだったのですが、手狭で古くなったなどという理由から、引越しをすることになったのです。

以前の家からは瑞浪市で新築の一戸建て住宅を建てました。前の家よりも庭も家も広い新築の一戸建てです。私は今まで一人暮らしをしていたのですが、ちょうど実家に帰ってくることになったので、私も新築の家へと引越しをしました。

一人暮らしの引越しも何度か経験していて、それなりに大変でしたが、実家の引越しともなると、その大変さは比ではありません。何度も前の家と新築を往復をしました。大きな家具と洗濯機、冷蔵庫は引越し業者さんにお願いしましたが、節約のためにその他はすべて自分たちで運びました。一か月ほどかかり、ようやく生活必需品などは運び終わり、新築の家に住めるようになりました。最初は家の広さや真新しさ、匂い、雰囲気に慣れずに、しばらく体調が優れなかったのですが、それもすぐに慣れました。そして、数年経ち、自分たちの理想通りに家が整っています。庭も木や花が咲き、とても素敵な景色です。やっぱり、新築の一戸建ては一種のステータスなような気がします。私もいつかは自分の手で新築の一戸建てを建ててみたいなと思います。