長かった建築期間

2年前にいいと思える土地を見つけ注文建築で家を建てることになりました。ずっとここに住めるのか、35年のローンは長いのではないかいろいろ不安なこともありましたが勇気を出して買うことにしました。まず、住宅ローンが通るかどうかが問題で、ローンが通ったところから何度もミーティングを重ね、いろいろなことが決まっていきます。どこをこだわるのか、どのような家にしたいのか歩いて程度わかっていないとデザイナーさんの考えばかりになってしまって注文建築の面白さがあまりないと思います。家を買うと決める前にいくつものモデルルームや展示場を見に行ったのは家を建てるときにとても役立ちました。次から次へと決めないといけないことがあり、仕事をしながらだとなかなか十分に考える時間がないのが悩みでした。実際、どのような家にするか決まるとそれを精密な設計図にしていく作業になります。それが出来上がってから許可を取るのだと思いますが、あまりに目まぐるしく時間がたってしまいはっきりと覚えていません。建築の許可を取る作業などは建築会社の人がしてくれました。トラブルとかではないのですが、一応どのくらいで家が建っていつ頃には入居できますと最初に話がありましたが、設計図がなかなか上がってこなくて設計図を待つ時間がかなりかかってしまいました。家が建ち始めるととても速かったのですが、待っている間は本当に家が建つのかとても不安な時期でした。棟上げが終わり実際に建っているところを見るのはとても楽しい時期で、やっとここまで来たとほっとしていました。おとなしく待っているだけではためで、こちらの気持ちもことあるごとに伝える必要があって、なかなか普段しない経験で忍耐がとても必要でした。でも、建って引っ越してしまうと、自分でこだわった家はとてもよく、楽しく毎日を過ごしています。契約がすんで家が建つまでの時期、ひと頑張りする必要があるかもしれません。もちろんそんなことなく建てば何も言うことはないのですが・・・。家を建てるのは勇気のいることでしたが、勇気を出して建ててよかったなと思っています。